2015年10月31日

マルエツちびっこ健康マラソン

4日前、7歳長男は、大泣きした。

下校中に走って転倒、左の鎖骨にヒビが入った。
痛みが治まらないだけではなく、左手がほぼ使えない。

自然治癒でヒビが修復することを狙ってか、整形外科で湿布のみをもらってきた。
だが、痛みが治まらないので、市販の小児用バファリンを買って、必要に応じ、頓服させている。

彼が大泣きしたのは、
痛み以上に・・・


今日、参加予定だった「マルエツちびっこ健康マラソン」に参加できなくなったこと


が大部分を占めていた。


「せっかく、いっしょうけんめい 練習してきたのに…」


関東屈指のランナー達がたくさん集う大会で、真剣勝負できる今日を、どれだけ楽しみにしていたことだろう。


しばらくは、左手が使えず、右手一本で生活している。
茶碗も持てず、着替えもままならず、ランドセルも背負えず。


しかし、世の中には、同じような境遇の生徒やランナーが沢山いる。

そういった人達の気持ちや、身体をいたわる気持ちを勉強することができ、良い肥やしになっているのではないだろうか。

今は、鎖骨が悲鳴をあげているが、
この機会に、君を日々支えているすべてのパーツを 愛し抜け。

image.jpeg

今夜は、元気をつけに行こうぜ。

打ち上げで行く予定だった焼肉屋に。


ラベル:人生 大会
posted by 左桜のぶゆき at 12:09| Comment(2) | 作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ゲコガシラ進化中

息子達が大好きな「ポケットモンスター」のキャラクター。「ゲコガシラ」。

それを感覚的に描写する7歳長男は、ゲコガシラ色に身を包んで、道路で仰向けに。

「ああ… やったぁ。」

image6.jpeg

7日後に 東京で開催される「マルエツちびっこ健康マラソン」に初めて出陣する長男。

将来の陸上シーンを彩る、関東屈指のスターの卵達に刺激をもらいに、小学二年生男子1.5kmの部にエントリー。

関東圏の200〜300人の同級生の中で はっきりと順位が出るところが、彼にとって現状を見つめる大きな機会になるに違いない。

昨日も、本番を想定して、ペースメーカーの私に必死に食らいつく練習。
その速度に耐えられるだけの心肺機能を高めた。
いつだってスピードトレーニングは、楽しいものではないが、よく踏ん張ってくれた。

1.5kmを6:51。
彼にとっては初めての6分台。

今までに無く、つらそうだったが、
今までに無く、達成感を味わっていた。

最近、私のお古のiPhoneを手にくくりつけて、タイムやペースを計測している。

よっぽど自分の限界を超えた計測結果を愛おしく感じたのだろう… わざわざ そのiPhoneを 防水ケースに入れてまで 風呂に持ち込んで、計測タイムを眺めていた。

来週の大会は、是非、楽しんできて欲しい。
スピードスター達と共に、素敵な経験を。

プーマ ジャージ 上下 メンズ レディース 上下セット 送料無料 PUMA スポーツ スパークロンストライプ シャドーストライプ プーマジャージ 862220 862221 セール 激安 通販


感想(759件)


ラベル:NIKE 作戦
posted by 左桜のぶゆき at 18:19| Comment(0) | 作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

失敗の数だけ

ようやく戻ってきた青空。
第三日曜日「よこはま月例マラソン」。

1kmの部を、4歳次男。

自己最速の7分フラットでゴール。
さすがは灼熱3kmのクリア経験者、ほのかな貫禄を感じる。

続いて、3kmの部を、7歳長男。
一番前のスタートラインから好スタート、中盤 ペースを落としつつも、ラストスパートは 同じくらいの男の子 と競争心丸出しでデッドヒート。

image5.jpeg

ゴール間際、横回りで抜かせそうだったが、コースを脱線しかかったらしく 係員さんに止められ、残念ながら最後の最後に抜かせず、大泣き。

ここのところ、練習でも思うようなタイムが出ず、何度も作戦を立てて、並々ならぬ思いで今日を迎えた彼。

ラストの必死の闘争心だけでも十分な収穫だが、最後のゴールの配慮の仕方など、貴重な経験となった。

それでいい。
失敗の数だけ、涙の数だけ、強くなる。

長男が泣き止む頃、奥さんは10kmを1時間ちょっとで帰る好走。
彼女の今週の走行距離は、私を超えていた。

ささやかながら、私も 5kmの部を、自己新記録。
それは、家族皆が一所懸命 頑張ってくれているからに他ならない。

そして、我が家から、私に次いで二人目の「20回参加賞 受賞者」となった長男。

タイムや結果は思い通りにならなかった長男だが、憧れていた「赤い大会シャツ」をまとって、レースで失敗して号泣する その姿に、

深い秋と
深い成長のプロセスを感じた。

死ぬまで 君を応援する。
ラベル:大会 人生
posted by 左桜のぶゆき at 17:33| Comment(0) | 作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする