2016年06月26日

我慢研究

不安定な、8歳長男の一週間。

友達とケンカして、私や奥さんが、謝罪に伺ったり、長男も大泣きしたり、情緒不安定な大荒れウィーク

怒号を浴び、悲しみ、悩んでいる長男…

昨日は、彼と二人きりで過ごした。

自宅から9km離れた新横浜まで、ランニング

子供にとっては、少し危険な距離だ。

キャプチャ.PNG

反省しながらも、自信を無くし始めて、どうしていいか分からない。

そんな彼に、生命の息吹を送るためには、やはり原点に戻ることだろう。

何度も修羅場をくぐって、自分達の血肉となっている「よこはま月例マラソン」のスタート地点まで…

痛みを抱え、つらい思いをしながら、懺悔の9kmラン

キャプチャ2.PNG

足や腹に痛みを覚えながらも、一切、弱音を吐かずに我慢する長男。

彼が悲しませてしまったお友達の痛みを、体感。

「俺達の あのスタート地点から、またやり直そう。」


痛みを知らなくては…

痛みを知らなくては、絶対に 優しくはなれない。


「強さ」と「優しさ」は、痛みや我慢を知っている奴だからこそ、会得できるもの。


俺達は、何のために走っているのだろう?



走ることは、決して楽しいことじゃない。

それでも、性懲りも無く、何度も何度も、スニーカーで固い地面を一つ一つ踏み続けているのは、きっと我慢の練習をしているからではないだろうか。

まだまだ未熟な我々だが、信じている。

・我慢出来る奴は、強い。
・我慢出来る奴は、優しい。


キャプチャ3.PNG

絶対に、お友達よりも先に我慢する姿勢を忘れるな。

悔しくて、つらくなったら、
あごを引いて前傾姿勢で。

君のほうが、はるかに我慢の訓練を積んでるはず。

お友達からの「ありがとう。」をたくさん集めるのだ。

その為に、進んで我慢して、犠牲になろう。

最高の犠牲バントを決めて、みんなの為に、貢献していこう。


3歳から走り始めて、もう5年。

その間に流れた 数え切れないほどの汗と涙を、

忘れるな。

キャプチャ4.PNG

キャプチャ5.PNG

走り終え、食事をしてから、

「友だち関係」の本を買ったり…
新しいスニーカーを買ったり…

新たな脱皮の為の、
さなぎから蝶になる為の、
ロマンチックな途中の場面。

一緒に悩んで、我慢して、

みんなの為に、頑張ろうぜ。


【送料無料】Nike SportWatch GPS スポーツウォッチ



ラベル:人生
posted by 左桜のぶゆき at 07:42| Comment(0) | 作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする