2016年08月22日

飛んで火に入る、その1秒

気温30°Cを超える、真夏の第三日曜日。

一年で最も過酷な、暑くて熱い「よこはま月例マラソン」。

こんな日は、子供達に運動をさせてはいけない。

それでも、自ら、意気揚々と、火の中に飛び込んでいく野郎共。

キャプチャ.PNG

1kmの部

5歳次男が、同年代の子供達や小学生達と競い合って、5:46でゴール。

5歳児男女 35人中 4位。

キャプチャ2.PNG

いつもは、涙を流しながらスパートをかける彼だが、今回は涙を見せずに、比較的クールにラストスパート。

まだ、余力を残していたかのように見えたが、と言うよりも、暑さへの忍耐力が養われている感じがした。


続いて、

太陽の熱が 段々と強烈になっていく中、

キャプチャ3.PNG

3kmの部

8歳長男が、大人達に混じって、灼熱のアスファルトを蹴り続ける。

キャプチャ4.PNG

暑さと闘いながら、スピードが出しづらい中の持久戦。

かなり きつそうに走っていたが、

前回に続き、

10歳未満男子19人中…


1位!!


2位だった9歳男子と、1秒差

因みに、この9歳男子とは、前回も1秒差


彼も、次こそは と眼の色を変えて「その1秒」を削りに来るだろう。

お互い、ライバル意識を持って、切磋琢磨していって欲しい。



帰り際、私が写真撮影をしていると、

「ご家族皆さんで、写真を撮ってあげますよ。」

と、ご親切に声を掛けて下さった方に、家族全員の写真を撮って頂いた。

「ブログ、拝見させてもらってますよ。頑張って下さい。」

と、ありがたいお言葉も…。


いつも、ありがとうございます!

これからも、お互い、それぞれの道を 走り続けましょう!

感謝。

【送料無料】Nike SportWatch GPS スポーツウォッチ


ラベル:大会 作戦
posted by 左桜のぶゆき at 12:11| Comment(0) | 作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする